HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 患者さんの声 > 「(患者が受診している)医師や治療内容の批判・中傷された」

「(患者が受診している)医師や治療内容の批判・中傷された」

患者さんの声

患者様にとって医師は、「自分の身体を全て預けている人」ですので、極端な話「自分の命その物」を委ねている事になります。

薬剤師は、その患者様が信頼して受診された医師からの処方箋を基に、薬を調剤するわけですが、「少々行き過ぎ」の薬剤師もいます。

薬剤師は、患者様とコミュニケーションを取りながら「体調」「既往歴」「アレルギーの有無」等を確認していきます。
その際に、処方された薬の内容をチェックして、「重複・副作用の有無」等、処方する薬の安全性を確認します。

勿論、処方された薬に対して、疑問点、不審な点が生じれば、処方した医師に確認を取る(疑義照会)をする事が仕事であり、義務でもあります。

「薬の専門家」であるのですから、医師よりも薬に対して詳しいのは当たり前です。
患者様に対して、処方されたお薬の中に「ジェネリック」に変更できるものがあれば、医療費削減にもなりますからお勧めする事が正しい判断ですし、疑問や不審な点は確認しなければいけません。
しかし、全く関係の無い「医師の薬の処方対しての批判」までする場合があります。
「この薬よりも、この症状にはもっと効く薬がある」「この症状でこの薬を処方するのはおかしい」等、処方した医師に対する批判を述べ始めます。
患者様としては、良い先生だと思い受診している訳ですから、とても不安になります。
また、その医師を選んだ患者様本人まで批判されている気分になり、とても不快な気持ちになる事もあります。
更に、医師の「評判」や「噂話」「中傷」までする薬剤師もいます。

患者様は医師を信頼して受診しています。
ですからその医師に対して、批判めいた事や、中傷する事は、患者様本人まで傷つけ、不快な気持ちにさせ、更には診断そのものに不安を抱き、治療の妨げにもなります。

この様な行為は「薬剤師」としてのモラルの問題ですので、慎むようにするべきです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜