HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 患者さんの声 > 「薬剤師の態度が横柄」

「薬剤師の態度が横柄」

患者さんの声

薬剤師の業務内容と言えば「医師の処方箋を基に薬を調剤する」のですが、患者様にお薬を渡す際に、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。
薬剤師は、お薬を渡す際には、お薬の説明と服薬指導を行う事は、義務でもありますが、その際にきめ細やかな配慮が必要です。
「薬剤師だから、ただ薬を渡せばいい」と思っているとしたら、それは薬剤師としてばかりでは無く、社会人としても失格です。

人に物を、特に身体に入る「お薬」をお渡ししているのですから、丁寧に、患者様が気持ちよく「服薬・治療」して頂けるようにお渡しする事が大切です。
しかし、その簡単な事が出来ない薬剤師もいます。

実際に、ある患者様は、服薬指導の際にお薬の副作用についての説明をされませんでした。
服用後、体調が悪くなったので、ネットで調べたところ、その薬に副作用がある事が判り、
薬局に抗議したところ、最終的に薬剤師からの謝罪の言葉は無く、その横柄な態度にとても不快感を覚えたとのことです。
この様な場合、まずは謝罪する事が必要です。
決して横柄な態度をとる場面ではありません。

まず薬の副作用に関する情報を提供する義務を怠ったのですから、これに関して謝罪をするのは当たり前の事です。
勿論あってはならない事ですが、薬剤師も人間ですから間違う事や忘れる事もあります。
しかし、命に係わるお薬を扱う以上、慎重さが必要です。
更に、患者様が安心して質問出来る対応を常に心がけるべきです。
横柄な態度で、全く患者様の立場に立つことが出来ない対応では、患者様も気になる事をその場で質問する事が出来ず、後々事故に繋がる事もあります。

「横柄な態度」は相手を不快にさせるだけでは無く、患者様の心を開くきっかけを失わせてしまいます。
薬剤師は、「サービス精神」を心掛ける事も必要です。
時には患者様に気持ちの良い「接客サービスの心得」を取り入れる事で、より良い治療のサポートが出来るのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜