HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 睡眠薬

睡眠薬

医薬品

「睡眠薬」と聞くと「精神的な病に使用される薬」と認識されがちですが、現在は、一般的な「ドラッグストア」等でも「精神的に疲れている」「ストレスにより良く寝付けない」
と言った、「病院へ行くほどでもないけれど」と言った方にも、医師から処方される「睡眠薬」よりもかなり弱い物も販売されるようになりました。

それだけ現代社会は「眠る」と言う、人間が生きてゆくために必要な行為でさえも難しくさせているのです。
それらは「ストレス社会」の象徴とも言える症状なのかもしれません。

心療内科や、精神科で処方される「睡眠薬」は「中時間型・長時間型」の他「睡眠導入剤」と呼ばれる「長短時間型・短時間型」と呼ばれる4種類が存在します。

「眠れない」と言う患者さんの中には「寝付くまでに時間が掛かる」又は「眠りが浅く途中で起きてしまう」と言うようにそれぞれ症状が異なるケースもあります。

寝付けない原因によっては「うつ病」等を併発している場合も多いので、医師はそれぞれの原因を詳しく問診する事で、処方する「睡眠薬」の種類を考えていきます。

「睡眠薬」の効果によっては、すぐに効果が薄れるものもあれば、中には翌日まで効果が引き続き持続して、日常に支障を来す場合もあります。
あまりにも、体調や、症状に合わない場合は医師に相談して他の「睡眠薬」に変えてもらう事も必要です。

医師からの処方であることで安心して使用する事が出来るようになりましたが、気をつけなくてはならない点もいくつかあります。
「睡眠薬」の構造は脳の中枢神経に強制的に指令を出す事で眠りへと導くようにできています。
ですから、「使用方・量」をきちんと守り、最低限必要な量で抑える事も必要です。

処方される薬剤師からの「服薬方法」や「服薬する時間帯・タイミング」を良く説明を受け、安全に「睡眠薬」を服用できるよう心掛けましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜