HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 第2類医薬品

第2類医薬品

医薬品

一般用医薬品(OTC医薬品)の中でも、第1類医薬品以外で、副作用として日常生活への支障または、健康被害が生じるおそれのある医薬品は「第2類医薬品」として分類されています。 薬剤師または登録販売者が常駐する薬局やドラッグストアの店舗内で取り扱われ、店頭に並ぶ一般用医薬品(OTC医薬品)の大半はこの「第2類医薬品」が占めています。

「第2類医薬品」の表示は、黒枠の中に黒字(判読できない場合は白枠の中に白字で)で、「第2類医薬品」の文字を8ポイント以上の大きさで表示する事が義務付けられています。数字は算用数字でのみ表記されます。

中でも「指定第2類医薬品」として販売されている「風邪薬・解熱鎮痛薬・水虫薬・痔疾用薬」などは、商品パッケージに表示される「第2類医薬品」の数字「2」の文字は、丸または四角枠で囲って表示されています。 現在は、風邪薬や解熱鎮痛薬以外では「使用上の注意をよく読んでお使いください」と言う文字の上に「薬剤師・登録販売者に相談の上」と言う文章が追加されていて、これまで表示がされていなかった製品においても表示が義務づけられました。 しかし、まれに「第2類医薬品」の中においても、この文章表示が無くなった物もありますので販売前には良く注意する必要もあります。

「第1類医薬品」のように「購入者へ内容、成分、その他注意事項の説明」に関しての義務付けは無く「努力義務」とされ、適正な使用のために必要とされる、簡単な説明・情報を極力購入者に対して提供する事が求められています。 また、説明を要しない・拒否された場合においては、必ずしもこの「努力義務」に当てはめる必要が無いため、店舗内で「薬剤師」や「登録販売者」の管理・指導の下であれば、一般従事者であっても販売は可能とされています。 そのため「第2類医薬品」は、一般用医薬品(OTC医薬品)の中でも最もお客様が購入しやすい医薬品として、広く認知されています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜