HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 薬局医薬品

薬局医薬品

医薬品

「一般用医薬品」以外の医薬品を「薬局医薬品」と呼び、これは「医療用医薬品」及び「薬局製造販売医薬品(承認許可を取ることで薬局の調剤室での製造が認められる製剤)」を指します。 具体的には「処方箋医薬品・処方箋医薬品以外の医療用医薬品」に加えて「薬局製造販売医薬品(薬局製剤)」をまとめる事で「薬局医薬品」というカテゴリーとして制定されています。 一般購入者においては、薬剤師が対面で情報提供をする事を条件として購入する事が可能とされていますが、この中で「処方せん医薬品」の購入に関しては「処方せん医薬品」の規定により、病院や診療所等の医療機関において、医師による診断や処方箋が必要とされ、それを基に薬剤師が調剤を行い、服薬指導の基、販売が許可されます。

「薬局医薬品」の中の「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」及び「薬局製造販売医薬品(薬局製剤)」は「要指導医薬品」とほぼ同様の扱いとされています。 使用を必要とする購入者に対して、取り扱いをする薬局等の「薬剤師」による本人確認が必要とされています。 万一購入者が使用する本人ではない場合「薬局医薬品」は販売する事は出来ず、また使用者以外の人にこれを販売した場合には、薬剤師及び販売薬局に対して罰則が課せられます。

しかし例外もあり「大規模災害時」等の「正当な理由」がある場合には、理由の有無を確認して、その家族に対して販売する事が可能とされています。

「薬局医薬品」と言うカテゴリーは、まだまだ非常にあいまいな部分もあり、混乱しやすい内容となっています。 一部の「薬局医薬品」に関しては「インターネット販売も可能」とされているものもある事から、販売する際には、医薬品情報を充分に把握し、確認を行う事も必要です。

地域医療における「薬局薬剤師」の役割として、今後も医療制度に関する情報を的確に把握する事が求められています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜