HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 第1類医薬品

第1類医薬品

医薬品

一般用医薬品(OTC医薬品)の中でも、第1類医薬品に関する販売には特に注意を要する事から、薬剤師のみが販売を許可されています。

一般用医薬品(OTC医薬品)は「処方せんなしで購入が可能」な事もあり、利用する方も多くいらっしゃいます。 副作用や安全性に応じて4つに分類されていますが、副作用等の影響によって、特に注意が必要とされる、日常的な生活にも支障及び健康被害が生ずるおそれがあるとされる医薬品に関しては「第1類医薬品」に分類されています。こちらは薬剤師が在籍していない場合、販売する事は出来ません。

その理由は「第1類医薬品」には、含まれている成分の安全性の面からも、薬剤師の「情報提供」が義務づけられているからです。 また安全を確保する上で、適切な指導が求められる医薬品でもあり、必ず第1類医薬品の裏書または広告には「この医薬品は、薬剤師から説明を受け、使用上の注意をよく読んでお使いください」と表示されています。 ですから取扱店であっても、薬剤師が不在の場合には販売をする事が出来ない事になっているのです。

「第1類医薬品」をお客様が購入する際には、薬剤師の説明が無ければ購入する事が出来ないので、店舗内でも保管には充分な注意が払われており、手の届かないカウンター内または、施錠された保管ケースに陳列されています。

また販売する際には、購入するお客様が情報提供を拒否した場合にも、積極的に確かな情報を提供する事が必要なため、薬剤師がカウンターなどの対面できる場所において、書面での情報提供をする事が義務付けられています。 万一、薬剤師が不在になった場合には、店舗自体を閉める必要があるので、ドラッグストア等では、薬局部分にだけチェーンを付ける事もあります。

必要性があり「第1類医薬品」の購入を希望されるお客様には、薬剤師として適切な情報提供は必要不可欠とされているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜