HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > メリット・デメリット

メリット・デメリット

医薬品

現在「ジェネリック医薬品」の存在は、一般の方々にも広く知られるようになりました。
ただ、その「メリット・デメリット」に関してはあまり良く知られていません。

ジェネリック医薬品の「メリット」として挙げられる部分は「先発医薬品の価格と比べて安価である」と言う事です。
通常、新薬の開発には、数百億円とされる莫大な費用が研究費として使われています。
しかし後発品である「ジェネリック医薬品」に関しては、既に研究・開発され、更には、新薬の特許期間中において、多くの人に使用されている為、その安全性は確認されていますので、後発品であるジェネリック医薬品に関してのそれらの費用は、大幅に削減され、より安価に生産する事が可能とされるのです。

ただ「メリット」に比べて「デメリット」の部分はあまり知られていません。

一つ目は「成分において先発医薬品と微妙に異なる可能性もある」と言う事です。
全てのジェネリック医薬品がそうであると言う事では無く「可能性もある」と言う事を理解して頂きたいと思います。

新薬と「有効成分そのものは同じ」とされていますが、先発医薬品メーカーは、製造方法の全てを公表する訳では無いので、不明の部分は各企業において独自の方法で生産しています。
また形状やコーティングの仕方に多少の違いがある為、使用される添加物等に関しても生産する企業によっては異なる場合があります。
更に、生産する企業の「技術力」にも差がある場合もあり、効果に関してのバラつきが出る可能性もあるとされています。

また、先発医薬品に対してジェネリック医薬品は、製薬会社における「有効性試験」は行っていますが「安全性の試験」はされていません。

薬を処方する薬剤師として、これらのメリットとデメリットに関する情報は把握しておく事も必要です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜