HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 医療用医薬品

医療用医薬品

医薬品

医師または歯科医師から「使用」及び「処方せん・指示」により使用されることが前提・目的として供給される医薬品を「医療用医薬品」と呼びます。 「医療用医薬品」は「処方薬」とも呼ばれ、主に病院や診療所などの医療機関において使用され、医師が患者本人を診察・診断した上で発行される処方箋を基に、薬剤師によって調剤され、渡される薬です。

一般用医薬品と比べて「効き目が強い」と言う事に加え「時として重大な副作用を起こす危険性がある」とされています。 「疾病の治療・予防」を目的として使用する事を前提としていますので、使用する対象とされる疾患は多岐に渡り、医師が直接、患者本人を診察した上で、その症状や体質等を考慮し、それに応じた内容で使用を指示する事が求められます。 その「用法・用量・剤型」は、診察した医師本人、又はその指導監督下で使用するものとされているので、特に制限は設けられていません。 また「使用上の注意」に関しても、医師・薬剤師及びその他の医療関係者にとって見やすい物とされています。

それに対し一般用医薬品は、その効き目も穏やかで、副作用の心配も少ない事から、処方箋が必要とされず、患者またはその家族が、病気の初期段階で、自分で治療できる範囲内の疾病や傷に対して使用する事を目的とされ、自覚症状を基に、自らの責任と判断によって、薬局や薬店で購入出来ます。 その為「用法・用量・剤型」も、安全性が確認されている範囲のものとされ、通常使用しやすい形となっています。 更に使用上の注意に関しても、一般の使用者本人に判りやすい様に説明されています。

現在「セルフメディケーション(自分で治療する)」の考え方が広がる中、薬剤師によるアドバイスは重要とされ、症状によっては医療機関への受診を促す事の重要性が求められている事を念頭に置いておく必要があります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜