HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

医薬品

医師から処方箋を頂いて、調剤薬局へ行った際に「ジェネリック医薬品をご希望されますか?」と質問されることがあると思われます。
この「ジェネリック医薬品」とは「後発医薬品」の事です。
勿論、医薬品の効能・効果に関しては、新薬と変わらず、身体への吸収性・安全性に関しては同様の効果が実証されています。
ただ、当然新薬の開発の際には、膨大な時間とコストが掛かります。
ですから、新薬の開発・投薬治療をする為には、大きなコストがかかってしまうのです。
その為「ジェネリック医薬品」の登場は、患者様の医療費のリスクを減らす為の重要な役割を果たしています。
世界でも「ジェネリック医薬品」は認知度も高く、多くの患者様に処方されています。
「低コスト」で使用することが出来ると言う事は、長期の投薬治療が必要な患者様にとっては、医療費の負担を軽減する効果があるからなのです。

しかし、高齢の患者様や、病気に不安を抱えている患者様にとって「ジェネリック医薬品」を使用する事に、抵抗感を持つ方がいらっしゃることも事実です。

それは「ジェネリック医薬品」が新薬の特許が切れたことで「後発医薬品」として他の製薬会社でも作れる訳ですが、問題は特許が切れているのは「有効成分」だけと言う事なのです。
つまり医薬品そのものの「製剤」の特許は切れていないので、製剤の際には、コーティング剤・カプセル状・粉末状等形状を変えて作る為、吸収時間が微妙に違ってくることもあるのです。

この様な場合に必要なのは「薬剤師」の「ジェネリック医薬品」に対する知識なのです。
不安を抱えている患者様に対して「ジェネリック医薬品」の安心性や、副作用等の有無をきちんとご説明する事により、患者様は安心して、低コストの「ジェネリック医薬品」を選ぶ事が出来るのです。

常に患者様に寄り添い、投薬後の患者様の容態を確認する事が「薬剤師」の使命なのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜