HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 化粧品

化粧品

医薬品

「化粧品」企業への転職を希望される薬剤師の多くは「研究職」を目指す場合が少なくありませんが、実際にはもう一つ「品質管理」と言う仕事も挙げられます。

化粧品の研究・開発においては、実は薬剤師としてのスキルや知識・技術はあまり必要とされていないのが現状です。 医薬品に比べると化粧品の研究・開発に関しては、時間と費用の面からあまり余裕が無い場合が殆どです。 また、時代や流行に非常に左右されやすい商品である事から「時代に即した研究」が必要とされていますので、場合によっては研究の段階で突然の打ち切りも多く、臨機応変に対応が出来る人材が求められているのが現状です。 また、研究において必要とされる知識は、薬学的な知識よりも、むしろ化粧品の形状や性質、粒子の大きさ等の物理的な要素を多く含む事から、理学系の知識の方が役立つと言えるでしょう。

しかし「品質管理」に関しては、薬剤師としての知識や技術を活かす事が可能とされています。 医薬品と同様、化粧品の場合においても、人体への影響は非常に大きく関わってきます。 化粧水や乳液のように「毎日肌に触れる」ものを扱っていますので、商品として市場に出回る際に、問題や事故が起こらないよう厳しくチェックする事が重要視されます。 これは、化粧品における性質の違いから「医薬品ほど臨床試験を繰り返さない」事に関連しています。 その為、短時間の臨床データから、慎重な品質管理を行う事で、企業の売り上げを伸ばす事にも繋がる、重要な業務とされています。 また「医薬部外品」としての効果・効能をうたった商品に関しては、薬事法が関わってきますので、そういった意味では薬剤師としての知識や技術は必要とされていると言えます。

他にも薬剤師としてのスキルと語学力を用いた「コミュニケーション能力」によって、海外でのマーケティングにおいて活躍している薬剤師も多いようです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜