HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 抗不安薬

抗不安薬

医薬品

現在日本で処方されている「抗不安薬」には大きく分けて「ベンゾジアゼピン系」と「非ベンゾジアゼピン系」の二つに分類されています。

いずれにしても抗不安薬において問題となるのが、副作用と依存性です。抗不安薬に限らず精神科系の薬剤には様々な副作用が起こりやすいこと、依存性があることが問題となっています。
「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」は、最も依存性がつきやすく「離脱症状も起きやすい」と言う特徴を持っています。
これに対し「非ベンゾジアゼピン系抗不安薬」は、依存性と言った危険性は「あまり高くは無い」とされてはいますがやはり、副作用は避けては通れません。

しかし、実際に「抗不安薬」は「うつ病」や「パニック障害」の患者様に必要とされて処方されています。
「抗うつ剤」や「睡眠薬」「睡眠導入剤」と合わせて用いられることが多く、これらの薬に依存する事で、日常生活への復帰が難しくなる事も事実です。

「抗不安薬」の大きな特徴は、毎日服用する事で、ほんの数週間であっても「依存度が高くなる」ことです。
例え最小限の量を服用していたとしても「耐性」が出来る事で効かなくなって行くのです。

患者様によっては、この依存性に恐怖を覚え勝手に減薬をする方もいらっしゃいますが、減薬の副作用として「激しい離脱症状」に襲われます。
具体的には、落ち着きがなくなる・イライラ感・焦燥感などに見舞われ、症状の強い方では「てんかん」のような発作が発生する場合もあります。
この様にならない為にも「減薬」に関しては医師とよく相談した上で計画的な減薬をする事をお勧めします。

これらの「抗不安薬」と上手に付き合っていくために必要な事は、医師とのコミュニケーションの他に、薬剤師として「投薬以外に必要な日常生活の環境つくり」を提案してあげる事も一つの治療法です。
身近な存在の薬剤師として、患者様の不安を取り除いてあげる事も大事な仕事なのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜