HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 医薬品 > 抗うつ剤

抗うつ剤

医薬品

現代病の一つに「うつ病」と言うものが存在します。
過度のストレスから始まり、疲労感・倦怠感・睡眠障害等が主な症状となります。
悪化する事で、「自殺願望」「自傷行為」など様々な症状に広がり、日常生活に支障を来す病気として知られています。

良く人によっては「うつ病なんて、怠け者の言い訳だ」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、現代社会において、無視できない「生活習慣病」の一つともなっているのです。

さて、このうつ病に処方される「抗うつ剤」ですが、患者様の生活環境や、ウツの原因、症状によって様々な「抗うつ剤」が開発されています。

しかしこの「うつ病」を治療するべく「抗うつ剤」に対して、ある疑問が医療機関の間で問題視されています。
それは「抗うつ剤による症状の悪化」です。
医師から処方された「抗うつ剤」の服用を続けた結果「自殺願望が高まり症状が悪化してしまった」と言う例があります。

こう言った疑問を患者様自身が質問されてきた場合、「抗うつ剤」を処方する薬剤師は、患者様の服用状況を確認して、「薬が効いているのか」又は「効果が無い・悪化しているか」などと言った事を把握していかなければなりません。
その為にも薬剤師は、医師に処方箋内容を問い合わせる事(疑義照会)が出来るようになっているのです。

また「抗うつ剤」そのものは合成物質ですので、身体が「不要物」と判断した場合は多くの副作用を招く恐れがあるのです。

今「薬剤師」の間では、この「抗うつ剤」を「いかに患者様の治療に役立てることが出来るか」と言う事が課題となっています。

特に抗うつ剤の中には、「肥満を招く薬」や「凶暴性が高くなる可能性を含むもの」等幅広い副作用が存在しています。
こういった「抗うつ剤」のそれぞれの副作用や特製を把握しておくことで、医師には気づくことが出来ない、患者様の細かい異変に気づくことも、薬剤師であるからこそ出来る事なのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜