HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 日本薬剤師会

日本薬剤師会

基礎知識

薬剤師会は、薬事法に追随する形で、1800年後期に創立されました。
薬事法は、国民の健康維持のため、安心安全に薬を服用できるように定められた法律ですが、薬剤師会でも、薬事法と同じような薬についての情報を得ることができ、改善点など様々な問題点も知ることができます。

薬事法が改正されると、薬剤師会での薬事項も修正されます。
薬事法が正式に国の機関になったのが、新薬事法が制定された1940年代のことです。
また、薬剤師会が社団法人日本薬剤師会となったのが、1900年中ごろです。
その後アジアで学術会が開かれるなど広く知られるようになりました。

また、日本薬剤師会は、国民の健康を守る一貫として、禁煙運動にも取り組んでいます。
喫煙はその人の健康に大きなダメージを与えるだけでなく、周りにいる人の健康にも悪い影響を及ぼします。

医師が薬の処方を行い、処方箋の調剤は薬剤師が行なう医療分業は、一見、二度手間なように思えますが、その患者さんの症状にあわせた最小の薬が処方でき、効果を最大に引き出すことができます。
つまり薬の適正化を図ることができます。
医療分業は現在、70%弱進んでいるので、あとわずかで、完全に医療分業になります。
また、日本薬剤師会は、国民から信頼される薬剤師になるために、生涯学習支援システムも取り入れています。
現役で活躍している薬剤師、あるいは薬学生にも役立つ薬学についてのニューストピックを見ることもできます。

このように、日本薬剤師会のWEBサイトでは薬学について興味深いニュースを見ることができます。
■日本薬剤師会27年度事業プラン / 地域薬剤師は在宅医療の確保、医薬品等の適正使用のアドバイス、健康相談・情報提供、セルフメディケーション支援

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜