HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 薬剤師の職業

薬剤師の職業

基礎知識

薬剤師としての肩書きがあれば、病院での薬剤調合、地域の薬局・薬店・ドラッグストアなど働ける範囲が限られますが、仕事には確実につける硬い職業です。
また、病院・診療所・製薬会社・新薬・治験・研究所に就職したい場合にも、効果がある職業です。

病院での薬剤師としての役割は、薬剤師としての職業以外、患者との意思疎通のためにコミュニケーション能力もある程度必要です。
薬剤師の職業を活かす職場にも多数ありますが、個人の向き不向きがあります。
たとえば、最近、多数店舗が増えている保険調剤薬局で働く場合は、将来、薬局店舗の独立開業を目指す人に向いています。
患者の困りごとをじっくり聞き取り、正しい服用指導をしなければならないので、豊富な意識が必要です、

ドラッグストアでの薬剤師は、アルバイト、パート、正社員など比較的に自由に働ける職業です。
薬だけでなく化粧品や用品を販売する必要があるので、幅広い知識を持ち、人とのコミュニケ―ションが好きで、たくさんの人に役立ちたいと思っている人に向いています。
また、病院での薬剤師は、患者と向き合う時間も多くなるので、福祉的な知識があると、さらに役立ちます。
薬剤師としての知識を高めたい人、地域の病院で継続して長く働きたいという人に向いています。

製薬会社で薬剤師として働きたい人は、 一般の会社のように転勤がある場合も考えられるので、そのようなことがあっても対応できるタフさが求められます。
新薬の開発・販売に携わりたいと思っている人は、新薬開発、治験など研究所に勤務することになります。
高い専門知識が必要で、新しい技術取得にチャレンジ精神旺盛で、細かいデータ管理が苦にならない人に向いています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜