HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 薬剤師は人気の職種?

薬剤師は人気の職種?

基礎知識

「薬剤師」のイメージとして、医師や歯科医師と同じように「安定した職業」と言うイメージも強く、「親が子に望む職業」のアンケート調査をしたところ、上位10位以内にランクインしています。
他には、医師・教師・公務員・スポーツ選手等が挙げられ、ある意味「薬剤師」は憧れの職業でもあるようです。

憧れている大きな理由の一つとしては「給与が高い」と言う事です。
しかし、サラリーマン全体の平均年収が511万円に対して、薬剤師全体の平均年収は、533万円となっており、それ程差が無いように思われます。

しかし、年代別で比較して見ると、サラリーマンの大卒の年収が265万円、薬剤師は375万円と、かなり差があります。
その一方で50代以上を見てみると、サラリーマンが649万円以上、薬剤師が700万円以上とその差は狭くなってくるようです。
これは、薬剤師と言う仕事の性質上、昇給の機会が少なく、年収の頭打ちが有るからです。ただ、これは、薬剤師の業種や職場によっても変わってきますので、一概には言えません。

実際の薬剤師に人気が有る職種はとして挙げられるものは、調剤薬局・病院、次いでドラッグストアと言う結果が出ています。
これらの職種に人気があるのは、「調剤業務を経験できる」「OTC医薬品の知識が増える」事が一番の理由と言えます。
その他に、製薬会社のMR(医療情報提供者)もあります。
薬剤師資格は特に必要はない職種ですが、その待遇・年収の良さから、就職先に選ぶ学生も増えています。

また薬学科に在籍する学生が、一度は憧れる、企業の「研究・開発職」ですが、大学院卒業が条件であること、それに加えて募集人数が極めて少ない事もあり、狭き門となっています。

現在薬学部が6年制になった事で、実務実習も増え、これからは「即戦力」となる新卒薬剤師が増える事になります。
「薬剤師業界」全体としては、薬学科の「研究者養成機関」としての機能及び「研究・開発職」の増加が期待されています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜