HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 日本保険薬局協会

日本保険薬局協会

基礎知識

日本保険薬局協会は人の体にとって安全な薬を提供するだけでなく、利便性、経済性など考えに入れた、私たちの家計に優しく、一番身近で親しみやすい薬局協会です。
もし、調剤薬局での薬、あるいは市販薬を服用して、副作用がおきた場合、医薬品救済制度により給付金が支給されることがあります。
たとえ、市販薬といっても、副作用が原因で、病院入院になることもあります。
人によっては障害をおったり、酷い場合は死亡することさえあります。

適正に使用したにもかかわらず、このように副作用反応を厚生大臣が副作用と認めた場合、医療費、医療手当、障害手当、遺族年金、死亡した場合の葬祭費などが支給されます。
適正な使用とは、市販薬なら医薬品添付文書に書かれてある、使用方法を指します。
調剤薬局の薬なら、薬剤師の服薬指導で、副作用になった場合です。

副作用救済制度給付手続きは被害者本人、又は被害者の遺族が所定の請求書に記入、医師の診断書、市販薬の場合は領収書や販売証明書なども添えて、医薬品医療機器総合機構に提出します。
厚生労働薬事法、食品衛生審議会などで審議され、最終的に厚生労働大臣による認可の元、支給されるという仕組みになっています。
給付金の対象にならない場合は、法定予防接種を受けていた、または、厚生労働大臣指定の抗がん剤投与による副作用です。

また、日本保険薬局協会では、いつでも何処でも薬の情報を閲覧することができる、お薬電子手帳をつくることができます。
紙のお薬手帳を忘れた場合に便利です。

■日本薬局学会/医療研究、地域福祉医療、薬学、帳在学についての論文を投稿することができます。
■学術総会/薬学に関しての討論会が催されています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜