HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 薬に有効期限はあるのか

薬に有効期限はあるのか

基礎知識

一般的に薬の使用期限は「未開封の状態」で、OTC医薬品等に関しては6か月~3年程度、医療用医薬品に関しては3~5年程度とされています。 これは、通常、医薬品メーカーが製造する際に、3年程度は未開封状態での保存を可能にする為、品質確認及び管理の試験を行っているからです。 ただ、これはあくまでも「一般的な使用期限」とされていますので、薬局等で販売されているOTC医薬品に関しては「未開封状態」での「使用期限」の記載はされていますので、それを目安に服用するようにしてください。 「未開封」と言う前置きにはきちんとした理由があり、食品と同様に、一旦開封する事で空気に触れ、雑菌などの繁殖も予測されるからです。 その為、開封後は早めに使い切る事が望ましく、OTC医薬品などは、個別包装され少量の「使いきりタイプ」が主流とされています。 中には、保健薬や胃腸薬のように、一般的にも服用頻度の高い薬はビンなどの容器で販売されていますので、お客様には、出来れば「開封日」を記入する事をお勧めするようにしましょう。 医療用医薬品の場合、慢性疾患で通院されている患者様に対しては、定期的にお薬が処方されているので、特に「使用期限」の記載はありません。しかし、シロップ剤や点眼薬に関しては、保管方法も特殊な場合が多く、開封後に関しては、品質保持のためにも患者様への適切な説明が必要とされます。 また、外箱に「使用期限」の印字がされていますので、必ず確認しましょう。 患者様の中には、風邪薬などの処方薬が余った場合、家族に使用する場合が有りますが、医薬品によっては、他の人や乳幼児が間違って口にする事で思わぬ事故に繋がる恐れもあります。 薬は保管方法をきちんと守り、万一残薬が有る場合は、必ず処分するよう、注意喚起する事も重要です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜