HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 飲み薬の形状の違い

飲み薬の形状の違い

基礎知識

飲み薬の形状は、錠剤・カプセル・粉薬などのポピュラーな物から、「舌下型」など特殊な形状の物もあります。
また錠剤にも、普通錠・OD錠・徐放錠等、様々な種類が存在し、これらは、コーティングや添加物によって種類が変化し効果も様々です。

多くの薬は、1錠に対し数ミリから数十ミリグラムの有効成分が含まれています。化学物質の「数ミリグラム」の量と言えば耳かき一杯分程度とされ、とても少量です。その為、薬の有効成分だけを服用する事は難しい事となりますので、「賦形剤」と呼ばれる添加物を加える事によって、服薬しやすい形状へと変化させるわけです。

その他にも、添加物の役割として医薬品の品質を守ると言う意味もあり、薬の効き目や体内での薬の溶解を補助する安定剤や溶溶解補助」、薬の苦みや匂いを抑える為のコーティング剤等があります。
こうした添加物と薬の有効成分を合わせる事で、一つの薬の形として製造されます。

経口投与される内服薬には裸錠(素錠)・糖衣錠があり、これらは乳糖やでんぷんを添加する事で、そのまま錠剤の形にしています。最も一般的な薬の形状と言えるでしょう。

腸内で薬の効果を発揮させたい超溶剤の場合は「フィルムコーティング錠」と言われる形状になり、胃では無く、腸まで届いた時点で溶けるように設計されています。

水無しで服用できるものに「口腔内崩壊錠(OD錠)」と言うものがあります。口の中で、唾液によって少しずつ溶ける事で、薬の効果が長く持続できるよう設計されています。「舌下錠」や「チュアブル錠」はこれに類します。「舌下錠」の場合は、舌下で溶かす事で、直接有効成分が届く仕組みとされ、「ニトログリセリン」等がこれに類します。
「チュアブル錠」は、緊急時の下痢止めや酔い止め等に使用される事が多く、かみ砕く事でその効果を発揮し、即効性もあります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜