HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 薬剤師のキャリア

薬剤師のキャリア

基礎知識

「薬剤師のキャリア」とは、勤務する施設区分及び職種によって、大きく変わってきます。
その為、就職や転職の際には勤務先の特徴を事前に知る事が非常に重要になります。

現在、薬剤師の約半数以上は調剤薬局で勤務しており、薬学部6年制への移行・薬剤師国家試験合格率の低下等から、調剤薬局における人材不足は深刻な状況を極め、求人ニーズも高い職場とされています。

調剤薬局にも様々な形態があり、自分の思い描くビジョンに近い調剤薬局を選ぶ事が、今後のキャリアアップにも繋がって行きます。

例えば「新薬に関して学びたい」「扱える薬の知識を増やしたい」と言った場合であれば、大型病院の門前薬局が適しています。

また、コミュニケーションスキルを上げたいのであれば、患者様とじっくり向き合う事が可能な「クリニックの門前薬局」が向いているかもしれません。
医師との距離も近いので、他の薬局と比べても、医師とのコミュニケーションが取りやすい事も特徴の一つです。

多くの処方箋に触れる事で、薬剤師としての全体的なスキルアップしてみたいのであれば「面対応薬局」も考えられます。
処方箋が少ない事と、特定の診療科目に左右されないと言う特徴があるので、多くの種類の処方箋をじっくり扱い、薬剤師としての知識・技術・経験の底上げにも繋がります。しかしその反面、様々な医療機関の処方箋を扱わなければならない為、薬の在庫管理も難しく、かなりの覚悟が必要とされます。

また、チーム医療における薬の専門家としての薬剤師を目指すのであれば、「病院勤務」を志す事が近道と言えるでしょう。

これらの他にも「DI業務」「治験コーディネーター」等、様々な職種やキャリアが有りますので、自分の志向に合わせて勤務した場合のシュミレーションをする事で、今後の薬剤師としての方向性に合わせたキャリアを積む事が大切です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜