HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 基礎知識 > 【転職するならいつ?】薬剤師の繁忙期と閑散期

【転職するならいつ?】薬剤師の繁忙期と閑散期

基礎知識

一般的に販売業などは「2月・8月は物が売れない」と言われていますが、薬剤師業界にも同じように「繁忙期」と「閑散期」があります。

薬剤師業界の繁忙期は?

病院の繁忙期

病院にとって一番忙しくなる「繁忙期」は、風邪やインフルエンザが流行る季節です。
1年を通じて全く病気になる人がいないわけではありませんが、それだけ「健康な人も病気にかかる確率の高い季節」と言う事です。

風邪やインフルエンザウイルスは乾燥する事で爆発的に猛威を振るいますので、1年の中で一番空気の乾燥する11月から2月にかけて患者が最も増加します。

特に病院ではインフルエンザの予防接種が発生し、注射製剤の調剤業務で忙しくなります。 また入院患者も増加する為、多忙な時期となるようです。

調剤薬局も院外処方の患者が増えるので、同じく薬剤師にとって忙しい時期となります。

ドラッグストアの繁忙期

ドラッグストアに関しては、病院へ赴く時間の無い方が「ひどくなる前に治したい」「応急処置として」と言う理由で、OTC医薬品を購入するお客様が倍増します。

それに伴い、防寒用品やスポーツドリンク・ビタミン剤等が売り上げを伸ばしていく事もあり、その分忙しくなります。

薬剤師業界の閑散期は?

逆に薬剤師が一番暇になる「閑散期」は夏です。

基本的には流行する病気も少なく、「夏バテ」や「夏風邪」と言った症状の軽い患者が多いので、その分ゆっくりと仕事が出来ます。

転職するなら閑散期がおすすめ!

これら薬剤師の「繁忙期」と「閑散期」は、転職の時期にも大きく関係してきます。

特に調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師にとって、「時間のあるこの時期に引継ぎをして退職をしたい」と希望する人が増える分、逆に転職を希望する薬剤師にとっては「求人が増える時期」と言う事になるのです。

つまり「転職を成功させたい」場合は、この「閑散期」を上手に利用する事がコツといえます。

転職を成功させるには?

転職に成功するには薬キャリ!

「閑散期」を賢く利用しつつ転職に成功するためには、転職サイトを利用すると便利です。

自分で転職先を探すのもいいですが、やはり個人の力には限界があります。
運良く人づてで転職先が見つかったとしても、その職場の待遇が思ったより悪い場合、なかなか言いづらかったり辞めにくい状況になったりする可能性もあります。

いまや仕事もスピードが命!

ネット上で求人情報が集められるので、転職サイトを利用するのがおすすめなんです。
そして転職サイトの中でも薬剤師専門の転職サイトに登録することで、薬剤師に特化したコンサルタントが付くためスムーズな転職活動ができる可能性が高まります。

やはり薬キャリでキマリ!

当サイトでもいくつか薬剤師専門の転職サイトをご紹介していますが、ダントツでおすすめなのが「薬キャリ」です。

fireshot-capture-78-%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab%e3%81%ae%e6%b1%82%e4%ba%ba%e3%83%bb%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%83%bb%e5%8b%9f%e9%9b%86-i-%e8%96%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa-by-m3-com_-https___pcareer-m

画像を見てもわかるように、最短即日で最大10件の薬剤師求人を紹介してくれます。

そしてなによりうれしいのは、このサービスが無料で利用できるという点。
無料で登録できるので、リスクゼロなのがうれしいですね!

必ずしも繁忙期を避ける必要はありませんが、できれば閑散期のちょっと前に薬キャリに登録して転職を有利に進めましょう!

薬キャリへの無料登録はこちらから!

薬キャリ_ボタン

薬キャリの口コミ&評判が知りたい方はこちらの記事を見てくださいね。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜