HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 体験談 > 【女性 調剤薬局】 薬剤師の勤務先はさまざま

【女性 調剤薬局】 薬剤師の勤務先はさまざま

体験談

総合病院や中小の個人病院の薬剤部、調剤薬局、ドラッグストアで薬剤師として働いている友人もいれば、保健所で働いている友人もいます。

また、製薬会社で管理薬剤師として籍を置いていたり、薬の問い合わせに対応するコールセンターにいる友人までも。

薬剤師の資格を生かした転職先と言ってもさまざまで、同級生もいろいろなところに勤めています。

勤務の仕方もさまざま

調剤薬局の薬剤師としての勤務形態もいろいろで、シフトによって月曜日から土曜日まで正社員として働くのが一般的でしょうか。

しかし、友人の1人は月曜日から金曜日まで正社員として働き、それに加えてショッピングセンター内の調剤室で土曜日に朝から晩までバイトをしているというので驚きました。もともと体育会系でかなり体力のある子でしたが、週6日みっちり働くなんてタフだなと感心してしまいます。

なんで土曜日も働くことにしたのか聞いてみると、ご主人がサービス業だから土日は出勤でヒマだったからとのこと。また、近所に新しく大きなショッピングセンターができたため、薬剤師の求人があり時給がよかったので気軽な感じで応募してみた、と軽い感じの答えが返ってきました。週1日土曜日のみ希望だなんて採用にならないだろうと思っていたら、あっさり採用になり働き始めたそうです。

なかなか正社員で働いているとバイトをする機会はありませんが、求人を見るとバイトの方が稼げるのでは?と思ってしまうことも多々あります。

正社員、パート、バイト、派遣・・・いろいろな働き方が選べるのも薬剤師のメリットですよね。

スーパー薬剤師!?

かれこれ4年以上東京で派遣の薬剤師として働いている友人もいます。彼女は、いずれ正社員として働く薬局を探しておりあちこちの薬局を派遣として転々としています。

うちの薬局には派遣の薬剤師さんが来たことがないので、実際どんな働きぶりなのかを目にしたことはありません。どこの調剤薬局で働こうが、同じ科であれば置いてあるのは似たような薬だろうし、注意すべきところは変わりません。

ただ、短いところだと1日~数日という派遣日数で、そこの動線を覚えながら足りない分の人手として働くのは大変なことではないでしょうか。

友人は、主要な電子薬歴ソフトはほとんど触ってきたので扱えると言っていました。そう、薬歴を書かなければならないことだってあるでしょう。それも行く先々で違う電子薬歴ソフトに対応しながら。

しかも、私にはできないのがどこの薬局で書いても恥ずかしくない薬歴を書くこと。それを、それなりに書きつつ何年も派遣であちこちに行きよく正社員にならないか?と声をかけられるという友人。彼女はスーパー薬剤師なのかもしれません。

どこにでも対応できる薬剤師に

薬剤師としていろいろ働く場所があるということは、いろいろな勤務先を経験して、薬剤師としての経験値を上げるということも必要なのかもしれません。

どこで働いても恥ずかしくないような、実力のある薬剤師になりたいものです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜