HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 体験談 > 【30代男性 調剤薬局】 転職をしようと思った経緯

【30代男性 調剤薬局】 転職をしようと思った経緯

体験談

32歳、男です。私は製薬会社から調剤薬局へ転職しました。

大学卒業後、金融関係の営業、その後転職して製薬会社でMRをしていました。

当初は薬剤師として働くことは全く考えておらず、金融や製薬会社では日々勉強していく中で自分の知識が深まり、専門性が増していくことを実感でき、やりがいを感じていました。

その一方で、ノルマを毎月クリアするのが難しく、仕事に対して大きなストレスを感じることもよくあり、これからのキャリアプランを考えた時に、この先もずっと営業を続けていくのには限界を感じていました。

また、大学の同期と会って話す際にもっと薬剤師にはいろんな働き方があることも感じていて、患者さんと直接ふれあう医療に魅力を感じるようになっていきました。

転職を決意した理由とは

32歳になるまで薬剤師は未経験でしたが、いくつかの理由から薬剤師への転職を考えるようになりました。

家庭環境の変化

1つ目は家庭環境の変化です。半年後に第一子が産まれる予定であったため、それまでとは生活に対する優先順位を変える必要がありました。

それまでの営業職では数年毎に全国規模の転勤がありました。

独身の頃はフットワークも軽く、全国どこへ行っても特に不便を感じることなく生活することが出来ましたが、結婚して子供ができると、将来の子供の教育環境や、妻への負担などを優先的に考える必要がありました。

そのため、転勤の少ない職業でしっかり根を下ろして生活基盤を安定させることも大事だと考えるようになりました。

仕事に対するやりがい

2つ目は、仕事に対するやりがいです。かねてより経営に関心があり、金融職で働いている頃は経営者を顧客にすることも多かったため、経営に対する考え方を聞かせていただく機会もありました。

営業職以外の道を考えた時に、薬剤師として薬局経営に携わっていきたいとの思いが強くなりました。

一薬剤師として調剤薬局に務めるだけでは自分自身の伸びしろも少なく、またモチベーションを保つことも難しいと思います。

しかし調剤業務だけではなく、将来的に経営に関わることのできる会社であれば、目標を持って高いモチベーションで仕事をすることができるのではと考え、将来の薬局開業なども見据えて転職するということを考えるようになりました。

未経験職へ転職する最後のチャンス

30代になり未経験職への転職には迷いもありました。

薬剤師は給料は安定しているけれど、成果主義の営業職と異なり昇給が少ないというイメージがあり、今から転職してどれだけ出世できるのか、将来開業できるのか、という点が不安でした。

しかし、年齢的にも未経験職へ転職するには最後のチャンスという思いがあり、先々後悔しないためにも、仕事に支障の出ない範囲で転職活動を始めることにしました。

>>続編「【30代男性 調剤薬局】 転職活動時に希望した条件」はこちら

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜