HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 体験談 > 【30代男性 調剤薬局】 薬剤師のダブルワークについて

【30代男性 調剤薬局】 薬剤師のダブルワークについて

体験談

薬剤師になってしばらくの間、ダブルワークをしていたことがあります。

ダブルワークとは、今の仕事を続けながら平日の夜や土日などの空いた時間を使い、他の職場で働くことを言います。

今回は、大幅な収入アップの見込めるダブルワークについて詳しく紹介します。

なぜダブルワークをするのか?

薬剤師として働く中で、人によって様々な悩みがあります。その悩みを解決するために、ダブルワークをする薬剤師は多くいます。

私の会社でも、ダブルワークをしている薬剤師はいます。始めた理由は人それぞれですが、大きく分けて2つの理由があります。

① 収入をアップしたい

ダブルワークをする理由で最も多いのが、「収入アップのため」です。薬剤師の平均年収は約530万円程度で、決して低くはありませんが、昇給が少ない職種であり、また勤務先によっては低い年収の薬剤師も多くいます。

現在の職場の居心地が良いため転職はしたくないが、隙間時間に薬剤師として働き副収入を得たいと考える人が多くなるようです。特に夜間や休日は時給も高くなるため、効率よく収入アップができます。

私も、現在の年収に満足はしていますが、さらに稼ぎたいと考えて週休2日のうち1日を使ってダブルワークをしました。今の仕事内容がそれほど忙しくなく、余裕があるので若いうちにできるだけ仕事を増やして収入を上げたいという考えでした。

② スキルをアップしたい

「薬剤師としてスキルアップするため」ダブルワークをする方も多くいます。

私は今の職場では経験できない環境で働くことで、多くの知識や経験を得ることができるため、今働いている薬局とは診療科の異なる病院の門前薬局で働くことにしました。そうすることで、より成長速度を早めることができます。

また、例えば病院勤めの人の中には、ドラッグストアでOTCの勉強をしながら副収入を得ている人もいますし、企業の方でも土日に調剤薬局で働いて調剤経験を積んでいる人もいます。

このように、ダブルワークの形態は人によって様々です。

ダブルワークをする上での注意点は

ダブルワークには大きなメリットがありますが、一方で気を付けなければならない点もあります。

① 職場で副業が禁止されていないか確認する

勤務先によっては副業が禁止されているところがあります。もし禁止されている場合、ダブルワークが発覚したら処罰の対象になります。

トラブルを避けるため、必ず職場に確認をしてください。

② 本業に影響が出ないようにする

ダブルワークを行う際は、働きすぎにも注意が必要です。初めは容易に思えたダブルワークも、実際働いてみると体力的にハードに感じることがあります。

疲れが溜まって、本業のパフォーマンスが落ちて、職場でのキャリアにマイナスとなってしまっては元も子もありません。

適度に休みを取り、ある程度のゆとりを持つことが長く続けるコツになります。

自分がダブルワークをする理由をしっかりと考える

ダブルワークは、メリットはありますが体力的、精神的にハードになります。

もしダブルワークを考える理由が収入にあるのならば、希望する年収が得られる職場への転職を考えてみるのも1つの手です。

同じ収入を得るのであれば、当然ですが複数の職場で働くよりも、一つの職場に集中した方が精神的に楽になりますし、時間の融通もききます。

ダブルワークの求人を探すなら、薬剤師専門の転職サイトを利用すると効率的です。信頼できる転職サイトを見つけて、空いた時間を有効活用して収入アップやスキルアップを目指してください。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜