HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 危険な飲み合わせ > お酒

お酒

危険な飲み合わせ

「お酒」と「薬」の飲み合わせにおいては、殆どの薬で当てはまりますが、中には「命の危険性」をもたらす場合もありますので、充分な注意が必要です。

「アルコール」には、適度な量を飲むことで、脳の緊張をほぐし、心をリラックスさせ、また眠りにつきやすくしてくれる効果が有ります。
しかし「抗不安剤」(トランキライザー類)や「睡眠薬」にもこれと同じ効果が有りますので、決められた量・服用方法を守っていても、一緒に飲むことで薬の効果が2~3倍に増強され、強い副作用をもたらします。
特に重度のうつ病の場合、服薬管理が自分で出来ていない事もありますので、同居している家族など、周りの人も、充分に注意することが必要です。

太りやすいとされる「アルコール」ですので「血糖値」も上がると思いこまれていますが、実は大量に摂取する事で「血糖降下作用」が出てくることは、あまり知られていません。
その為「糖尿病患者」が服用する「糖尿病の薬」や「インスリンの注射」等(インスリン・オイグルコン・ラスチノン・グリミクロンなど)の「血糖値を抑える薬」を服用している場合、薬とアルコールの相互作用により、重度な低血糖の症状を引き起こす事を良く理解して、飲酒は控えるように注意する事が大切です。

アルコールを摂取する事で、人間の血管は拡がり、一時的に血圧が下がります。
このような状態での「高血圧の治療薬」の服用はとても危険です。
「高血圧の治療薬」は本来「血圧を下げる事」が目的ですので、この二つを同時に摂取する事は、血圧が下がり過ぎ「低血圧症状」を引き起こしてしまいます。

「お酒」を飲むことで「肝臓の中の薬を代謝する酵素」の量は、基本的に増えます。
その為、ここに挙げられた「飲み合わせ」以外でも「アルコール」との服用は避ける事が望ましいとされています。
普段から薬の服用をされている方は、特に気を付けるよう心掛けましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜