HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 危険な飲み合わせ > 牛乳

牛乳

危険な飲み合わせ

あまり知られていない「飲み合わせで」挙げられるものが「一部の抗生物質」「抗菌薬」「骨粗しょう症薬」が挙げられます。

「完全食品」である「牛乳」に多く含まれる「カルシウム」は「骨粗しょう症」の予防や「成長期に必要」とされ、広く知られています。

しかし、この「カルシウム」は一部の「抗生物質」や「抗菌薬」また「骨粗しょう症薬」(ミノマイシン® クラビット® ガチフロ® ダイドロネル®)等と結合する事で「キレート」と言う、体内に吸収されにくい構想に変化してしまいます。
その為、薬の効果が弱まってしまうので、一緒に飲まず、出来れば「2時間くらい」の感覚を開けて飲むことを勧められています。

逆に牛乳に含まれる「脂肪分」に「よく溶ける」と言う性質から「薬の効果が増幅する」と言う、危険な副作用を持つ薬もあります。
主な症状は「頭痛」「吐き気」「下痢」等で、牛乳と一緒に薬を飲むことで、消化管からの吸収が促進され「強い副作用」を引き起こすとされています。
一部の抗真菌薬「グリセオフルビン」があげられますが、こちらは、現在製造は中止されています。

「便意薬」にも注意が必要な薬があり、主に腸で溶かして吸収される薬で「コーラック®」「スルーラックS®」「ピューラック®」等の「便秘薬」が挙げられます。
腸で溶けるタイプの便秘薬は、酸性に保たれた胃の中を通過する為、コーティング剤で保護されたまま、アルカリ性の腸に届いた時点で溶けるようにされています。
しかし、牛乳は「アルカリ性」なので、胃酸が中和され、コーティング剤が胃の中で溶けてしまうのです。
その為効果が半減してしまいますので、一緒に飲む事は避けた方が良いでしょう。
市販のOTC薬でも「腸溶剤タイプ」のものには、この注意が必要です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜