HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 在宅医療

在宅医療

薬剤師の仕事内容

現在注目されている「在宅医療」の分野において、薬剤師はどのような役割をはたしているのでしょうか。 「在宅医療」は、現在住み慣れた地域及び住宅、また家族とともに充実した「医療」や「介護」のサービスを受けることが出来る、今最も期待が高まっている医療の形です。 「在宅医療」のサービスを提供する為には、医師を始めとする様々な分野の医療従事者によりつくられる、医療チームの連携が必要とされています。 その中でも在宅医療において、患者様と一番接する機会が多い「薬剤師」は、最も大きな存在と言えるでしょう。 主な業務内容は「処方」や「服薬指導」の他にも「薬の保管状況の確認」「飲み忘れ」や「服薬の重複」等、利用される患様によっても必要とされる内容は様々です。 その利用する患者様一人一人に合わせた的確な医療の実現に向けて、医療サービスの提案や連絡・相談をする事が、薬剤師の重要な役割とされています。 主に地域の調剤薬局に勤務する薬剤師が、在宅医療のチームへ参加し、各患者様の自宅に訪問し、薬の量・残薬の管理を行い、利用状況や状態を把握する上でも重要な業務に携わる事になるのですが、必要とされる「薬剤師」の数が不足しているのが現状です。 また、調剤薬局のように「カウンター越しの業務」ではありません。 利用する患者様と直接触れ合う「在宅訪問薬剤師」である以上、ある程度の福祉マナーを覚える事も必要とされます。 その為、福祉や薬に関する情報や知識を、より多く持ち合わせる為のスキルをマスターした人材が求められているのです。 今後高齢化がさらに加速する事で、国民の3人に一人が65歳以上になると予想されていますが、そういった高齢者の患者を受け入れられるだけの入院施設の整備は、難しいとされているのが現状です。 その為、在宅医療を余儀なくされる高齢者の数も増え「在宅訪問薬剤師」の需要は、益々求められる事が予測されます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜