HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 医薬品の在庫管理

医薬品の在庫管理

薬剤師の仕事内容

医薬品の「在庫管理や保管」は、調剤薬局における柱でもあり、基本「管理薬剤師」の仕事になります。
医薬品の欠品が相次げば、患者様にご迷惑をかける事になります。
また逆に、在庫を多く抱えると言う事は、薬局側の不利益にもなります。
いかに効率よく、医薬品の「在庫管理」を行うかは、管理薬剤師にとっても、大きな課題とも言えます。

まず医薬品の「在庫管理」で重要な事は「適正発注」と「適正在庫」です。
「適正在庫」に関してですが、これは「適正な在庫の維持」と「仕事の効率化」を考慮する事が重要と言えます。
「多すぎる」となれば当然、全く動かない医薬品も出てきますので、期限切れで廃棄する事もあります。
医薬品の値段は、1箱1万円程度はしますので,薬局にとっても大きなダメージにもなります。
また「保管」においても、在庫が多すぎる分行き届かなくなります。
保管場所も取り、作業効率の面でも時間が掛かり、必要な医薬品の管理を充分に行えなくなります。

逆に、在庫が少なすぎれば、それだけ発注や、伝票整理にも時間がかかりますので作業効率も悪くなります。
「在庫が少なすぎる」と言った場合、お薬を切らしてしまう事も考えられますので、患者様にご迷惑をおかけする事にもなり、また「必要なお薬が、いつも揃わない」となれば、薬局そのものの評判も落としかねません。
更に、不足分の郵送費や、不足に関する患者さまへの説明で、費用や時間にも無駄が出来ます。
「在庫管理」における「在庫不足」は、患者様にご不便をさせる事で、薬局に対する信頼度も下がりますので、一番の不利益とも言えるでしょう。

通常医薬品の納品は1日2回とされていますので、特に頻繁に出るお薬はチェックして起き、最低でも半日分の在庫は必要である事を考慮しましょう。
最近ではパソコンでの「在庫管理システム」が導入されている所も多く、医薬品の在庫数や、発注数を自動で管理してくれるシステムもあります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜