HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 薬歴管理と服薬指導

薬歴管理と服薬指導

薬剤師の仕事内容

調剤薬局の勤務する薬剤師の大切な業務の一つに、患者様の「薬歴管理」があります。
最近では薬歴の未記録にも関わらず、調剤報酬を不適切に請求していたことが問題となり、一般の人々にも広く知られるようになりました。

薬事法で記入が義務付けられているものには「調剤録」がありますが、これには、 患者様の氏名や年齢、処方されたお薬の種類や量等、定められた内容に沿って記入するもので、3年間の保管が義務付けられています。
これに対し「薬歴管理」とは、法律では定められてはいないものの「保険調剤上の算定要件」に関連し、怠った場合は「薬歴管理指導料」を診療報酬として請求する事は出来ません。

「薬歴」は、「患者様の診察において処方された薬に関する履歴」を指し、これを患者様事に管理するのが「薬歴管理」と言われています。

「薬歴」は、お薬を処方した患者様一人一人の、様々な情報を記録しておくためのもので、

・処方した薬の量
・服用した期間
・薬の効果
・残薬の有無
・副作用及びアレルギー等が起こった場合の状況
・処置内容

等を記録しておきます。

これらは、お薬を処方する上で、安全かつ適切な服薬を指導する為にも必要な記録とされ、
薬剤師は、これらの記録を基に服薬指導を行います。
患者様が他にも処方されているお薬が有る場合は、相互作用(飲み合せによるお薬の効果・副作用等)にも気を付けながら、お薬を患者様へお渡ししなければなりません。
別の病気の診療において既に複数の薬を他の薬局から処方されている場合、この相互作用に気を付ける事で、服薬による事故を未然に防ぐ事も可能となります。
また、患者様によっては「カプセルは飲めない」「服用による眠気」等、服薬指導をする上での情報が記録されます。
これらの情報を記載したものが「薬剤服用歴管理記録簿」と呼ばれ、資料として保管されているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜