HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 薬歴管理

薬歴管理

薬剤師の仕事内容

薬剤師の業務の一つに「薬歴管理」が存在します。
「薬歴」とは「薬剤服用歴」の事で、医師の「カルテ」同様、患者様の薬物治療に際して、有効性・安全性を確保した上で「調剤薬の処方」をする為に必要な情報源とされています。

これは「適切な服薬指導」を行う為にも重要なもので、「重複投与・相互作用」等によって引き起こされる「副作用」を、早急に発見し、回避する為の大切な情報です。
「薬歴作成」において必要とされる事は「相互作用及」び「注意喚起が必要」な薬剤及び「性腫瘍薬・抗糖尿病薬・ジギタリス製剤・ワルファリン」を使用している患者様に関しての薬歴の記録は「日本病院薬剤師会」においても推奨されています。

薬歴には主に「氏名・生年月日・アレルギー歴・嗜好品」等の患者様の個人的な情報の他に薬物治療に直結する「服薬状況・併用薬」及び、服薬によって起こった「体調の変化」等「薬物療法」におけるあらゆる情報を記載する事になります。
しかし、患者様の個人情報を扱う事になりますので「個人情報保護法」を遵守する為の対応も重要とされています。

病院では複雑な注射薬を含めて、多様な薬剤を使用する為、重篤な合併症・臓器障害を併発する事もあります。

これは薬局だけでは無く、病院においても同じで、薬剤師としての義務でもあり、処方情報をもとに適切で正確な調剤を行った記録として「調剤禄」を記載し保管する事が薬剤師法で定められています。
患者様の「服薬状況・アレルギー・副作用歴」等は、適切な服薬を行う上でも必要な情報とされ、それらを「収集・管理」し「時系列で記録」した薬歴はフルに活用されています。

特に病院内でのチーム医療においては、複数の従事者が閲覧する事を前提とされている為、記載方法や記載内容の形式に違いが無い様、また誰が見ても判りやすい様に内容によって色分けするなどして、情報の共有を徹底管理する必要性があります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜