HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 薬事衛生管理

薬事衛生管理

薬剤師の仕事内容

薬剤師の任務として「公衆衛生の向上及び増進」「国民の健康な生活を確保する」と言う事が、薬事法の中にも記載されています。

薬剤師の役割の一つとして、その専門知識を活かし、食品・廃棄物・劇薬や毒物等の製造及び廃棄に関する衛生面や環境面の管理を行う事を「薬事衛生」と呼び、生活全般に渡る衛生管理を行う事が業務とされています。

このように、行政に関する「薬事衛生」は、医薬品とは縁遠いように思われますが、地域社会全体の「衛生的・健康的な生活」を「監視・保全」する為にも、必要不可欠とされているのです。

「薬事衛生」に関連する業務は、地方公共団体において、専門的に扱う部署が存在し、最初に記述した内容以外にも「狂犬病の予防」「理容・美容・クリーニング・旅館・海水浴場の衛生管理」「覚醒剤・麻薬関連」等も含まれています。

また「学校保健法」においては、全国の小中高の学校に対し「学校薬剤師」を設置する事が定められています。
これは児童・学生の学校内における衛生・健康を守る事が業務内容とされ「教室内の照度・換気検査」「プールの水質検査・消毒」「給食施設の衛生指導」「喫煙・飲酒・薬物乱用防止」等の指導を行う事が主な目的とされています。

このような自治体関連機関において「薬事衛生」に関する業務を行う薬剤師を総称して「薬剤師公務員」と呼ぶこともあります。

これらの業務や業種以外にも、様々な「薬事衛生管理」に携わる「公務員薬剤師」が存在しています。

「麻薬取締・毒物劇物監視員」等の薬品関連業務、伝染病予防を目的とされる「検疫委員」や、飲食店等を指導する「衛生管理指導」「食品衛生監視員」、廃棄物処理業に対する「環境衛生指導員」も「薬事衛生管理」に属し「薬剤師公務員」の仕事とされ、多くの薬剤師が活躍をしています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜