HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 薬物治療モニタリング業務(TDM)

薬物治療モニタリング業務(TDM)

薬剤師の仕事内容
在宅医療

病院薬剤師ならではの業務の一つに「薬物治療モニタリング(TDM))」があります。
これは薬剤の投与後に、医薬品の血中濃度を測定する事で、それぞれに応じた「投与計画」を行う治療法を指します。

「TDM」に関しては、全ての薬剤に対して有用とされるわけでは無く、加減が非常に難しいとされる薬「免疫抑制剤・抗生物質・気管支喘息治療薬・抗てんかん薬・心不全治療薬・不整脈治療薬」等に関して行われます。
こういった「加減の難しい薬」は、各々の患者様に対して同量ずつ投与しても、効果が全くない、または「拒絶反応」を抑える事が出来ない場合もあります。

このように薬品によっては、免疫力を抑制しすぎて感染症のリスクを高めてしまう危険性や「有効な治療濃度域」が狭い場合、また「治療濃度域」と「中毒域」が隣接している場合もあります。
中には「投与量」と「血中濃度」が比例せずに非線形な動態を示す場合においては、ほんの少しの増量によっても「中毒域」に入ってしまう恐れもあります。

「TDM」はこれらを未然に防ぐ為にも必要とされ、血中濃度のモニタリングをする事で濃度に応じた投与法を調節しながら、患者様一人一人に応じた「最適な使用量」や「投与使用期間」を決定していくのです。
他にも有用とされる医薬品には、肝機能及び腎機能などの要因により「体内動態」に影響されやすい薬剤も含まれています。

また、モニターするのは「薬物血中濃度」だけでは無く、患者様からの様々な意見や疑問・不安とされる症状を確認する事で、副作用の兆候を事前に見極める為にも「TDM」において必要とされてくるのです。

「TDM」は病院内においても、薬剤師の高い専門性が求められる業務であると共に、医師との共同によって行われる重要な業務です。
「病棟薬剤師」としての職能をより発揮する事の出来る分野であり、更に病院薬剤師であるからこそ携われる業務でもあるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜