HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > シフト制の働き方

シフト制の働き方

薬剤師の仕事内容

薬剤師の勤務先で「薬局・病院・ドラッグストア」等では、勤務体制に「シフト制」が導入されています。 シフト制が導入されている理由は「時間帯に応じて人数の増減をしやすい」と言う点と、薬剤師の「急な休みに対応しやすい」と言う理由からです。 「土日・祝日休み」とされている調剤薬局等の場合、出勤時間がばらつく場合も有ります。もしパートの場合であれば、勤務可能な時間帯を、伝えておくべきでしょう。 「土日は休みたいが、平日はしっかり働きたい」と言う場合は、非常に有利と言えます。 「ドラッグストア」や「病院」の場合は、「土日・祝日出勤」の場合が殆どで、独身であればある程度問題なく勤務する事が可能ですが、既婚者や育児中の場合、やはり土日の休みが無い場合、生活リズムも崩れやすくなります。 ただ、アルバイト・パートの場合には、例えば勤務時間を「朝10時から夕方4時まで」等、子供の帰宅する時間に合わせる事は可能です。 仕事と割り切った上で、事前に家族と相談し、土日の日中に家を空けられる状況であれば「時間的な都合をつけやすい」と言うメリットがあります。 ただ「病院勤務」の場合は、これに加え「当直」が入ってくることがあります。 しかし、当直がシフトに加えられれば、「夜勤手当」「当直手当」等の形で手当てが支給されますので、給与の面では、こちらの方がずっと有利に仕事をする事が可能です。 万一、シフト制の場合でも、どうしても仕事を休まなければならない場合、事前にシフトを交換してもらう事は可能です。 ただ、シフト制の職場に関しては「実際に従業員数何人で、何人体制のシフト」が組まれているのか確認しておくべきでしょう。 もし、あまりにも少ない人数でのシフト制である場合には、その分シフトに余裕が無くなり、体力的にも難しくなります。 そういった職場は、継続して働きたい場合にはお勧めできません。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜