HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 売上を上げる

売上を上げる

薬剤師の仕事内容

街中には全国チェーン店のドラッグストアや小さい規模の調剤薬局などさまざまなお店があります。
薬を販売しているところにには必ず薬剤師がいるものです。
薬剤師は利用客がどのような薬を探しているのか、相談を受けながら症状に合った適切な薬を紹介することになります。
薬の知識や情報はもちろん、どうすれば売上が上げられるのかも大切なポイントです。
売上が良くなければモチベーションは上がりませんし、働き続けられません。もしかすると給料が下がる可能性もあります。
しかし、売上を上げるためにはどうすれば良いのか悩んでいる薬剤師も多いのです。
●レイアウトに注目しよう
売上に大きく影響するのは“レイアウト”です。
とくにさまざまな薬を販売しているドラッグストアではレイアウトが大きな影響を与えます。
お店にやってくるお客さんにとって目的の薬がどこに置かれているのか一目で把握できなければなりません。分かりにくいレイアウトになるとそれだけお客さんの足が遠のいてしまいます。
よって、できるだけ分かりやすいレイアウトにして、置き場所を頻繁に変えないように一定化しなければなりません。
レイアウトにぜひ注目してくださいね。
●薬剤師と利用者との距離が近い
売上を上げるためには“薬剤師と利用者との距離が近い環境”にすることも大切なポイントです。
気軽に薬について尋ねられる空間でなければ利用者にとっては居心地の悪い空間になってしまいます。悪い空間では売上も上がりません。
いかに利用者が何でも尋ねられるような空間かどうか、接しやすい薬剤師かどうかチェックする必要があります。
薬剤師同士が協力し合い、アットホームな空間をつくりあげることも大切なポイントになります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜