HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 誤解や不安を取り除く

誤解や不安を取り除く

薬剤師の仕事内容

患者さんの病気を治す薬を渡す大切な役割を担っている「薬剤師」。
薬に対する誤解や不安を取り除くことも薬剤師の仕事です。
患者さんの中には自分の体内に取り入れる薬に対して不安を持っている人もいます。その不安を取り除ける説明を行わなければなりません。
●あらゆる薬に詳しい薬剤師
「薬」といってもおよそ1万7千もの種類があると言われています。
薬剤師は薬の専門家とも言える職業なので、あらゆる薬に精通しておかなければなりません。
薬を必要としている患者さんもさまざまなので、それぞれ患者さんの体質や症状に合った薬を提供することが大切な役割となっています。
患者さんが薬に対して不安になっている気持ちを汲み、より分かりやすく納得できるような説明ができるかが大きなポイントになります。
患者さんが納得のいく説明をしないと誤解や不安が取り除けません。
自分の知識や経験を生かしつつ、どうすれば患者さんの誤解や不安を取り除けるのか毎日が勉強です。
●患者さんとのコミュニケーション
誤解や不安を取り除くためには“患者さんとのコミュニケーション”が大切だと言われています。
患者さんが安心して服用できることが1番の効果だとも考えられているため、薬剤師の説明で薬の効果が変わります。
安心感を感じて頂くには“患者さんとのコミュニケーション”が欠かせません。
薬を調剤する、説明することが薬剤師の仕事ではなく、コミュニケーションを取ることも薬剤師の必要なスキルになるので要チェックです。
今話している患者さんがどのような不安を抱えているのか、どうすれば誤解や不安を取り除けるかどうか薬剤師も考えることが大切ですよ。
患者さんを第一に薬を提供していきましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜