HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 軟膏調剤・混合

軟膏調剤・混合

薬剤師の仕事内容

薬剤師の調剤実習で必ず習う「軟膏調剤・混合」。薬剤師にとって基本的な業務になります。
軟膏の調剤・混合をきちんとできなければ一人前の薬剤師とは認められないので注意してくださいね。軟膏の調剤・混合ができれば薬剤師の転職もスムーズにいきますよ。
今では軟膏のほとんどがチューブになっており、薬剤師や調剤・混合をせずに済むところもありますが、薬剤師の手で行っているところもあります。
軟膏を混ぜる際は順番が決まっていますし、できるだけ空気が入らないようにヘラの使い方もマスターしなければなりません。
軟膏調剤・混合を最初から完璧にできる人はなかなかいないので安心してください。
今ベテランとして働いている薬剤師の方も最初は苦手でした。経験を積み、さまざまな軟膏の調剤・混合をしたことでヘラの使い方や混合するコツも掴んだのです。
「苦手だからできるだけしない」という考えではスキルアップできませんので、薬剤師として働くためには軟膏の調剤・混合を経験してください。
なかなか上手くできない人は、ヘラを上手に使うことはもちろん、軟膏のツボを動かしながら調剤を行うとよりしやすくなりますよ。
同じ職場で働いている先輩の仕草やポイントを聞いてみると自分のスキルもぐんっと上がります。
調剤・混合だけでなく、軟膏の詰め方も苦手な人が多いです。
詰め方はできるだけ空気を入れないように、傾斜をつくりながら軟膏を詰めていってください。傾斜をつくりながら軟膏を詰めていくと案外スムーズに詰められます。
薬剤師のスキルアップには欠かせない「軟膏調剤・混合」はスムーズに行えた方がさまざまな面で役立ちます。
苦手な人はできるだけ早めに克服してくださいね。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜