HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 調剤・監査

調剤・監査

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容は職場によってさまざまですが、一般的な仕事は「調剤・監査」になります。
調剤・監査の仕事はどのような仕事なのか説明します。薬剤師として働きたいと思っている人はぜひチェックしてください。
●とても大切な「調剤」
病院や薬局で勤める薬剤師のほとんどは“調剤”の仕事があります。
患者さんが持ってくるデータをもとに、電子天秤・自動分包機を使いながらさまざまな医薬品を混ぜ合わせていきます。
医薬品の分量が少しでも違うと患者さんの体に悪影響を及ぼしてしまうので的確に量り調剤していかなければなりません。
大きな大学病院や薬局ではその分患者さんも多いので、いかに早いスピードで的確な調剤ができるかどうかが薬剤師の腕です。
患者さんのデータを見ながら投与量や投与期間に合わでて調剤することが大切になります。
初めての患者さんに調剤を行う場合は、薬歴管理も行います。
●的確に調剤するための「監査」
一方、監査と呼ばれる仕事内容もとても大切な薬剤師の仕事になります。
薬剤師の1人がひとつの薬を調剤していくことになりますが、1人では人為的なミスが起こる可能性があります。実際に、人為的なミスによって間違った薬を患者さんに出した事件も起きているのです。
そのような人為的なミスを防ぐためにも、調剤を行った人以外の薬剤師が薬の種類や投与量、投与期間に沿ってきちんと調剤されているかどうか確認します。
この確認が「監査」になるのです。
監査はミスを防ぎ、患者さんに安心して薬を飲んでもらえるとても大切な仕事です。
調剤・監査ともに薬剤師にとっては大切な仕事ですし、薬剤師の基本になります。調剤・監査がきちんとできるからこそスキルアップも目指せるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜