HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > ジェネリック判断の手伝い

ジェネリック判断の手伝い

薬剤師の仕事内容

“ジェネリック医薬品”とは、新薬と同じ安全性と効果が認められた薬のことを指します。
後発医薬品とも呼ばれており、先発医薬品よりも比較的安い値段で得られます。
薬剤師はこのジェネリック医薬品を判断する大切な仕事も担っているのです。
では、ジェネリック判断の手伝いとはどのような仕事になるのか詳しく説明します。
●処方箋の様式が変更
平成20年4月から薬剤師の判断により、後発医薬品に変更できるようになりました。
日本ではまだまだ後発医薬品が普及されていませんが、海外ではほとんどが後発医薬品、ジェネリックに分類されていると言われています。
薬に詳しい薬剤師がジェネリックと判断することでもっと多くの人に普及し、薬の負担や医療費が抑えられるのではないかと考えられているのです。
しかし、薬剤師が判断をする際は患者さんからの要望があった時に限ります。
患者さんから普段使っている薬を「ジェネリック医薬品に変更したい」と要望があれば薬剤師は患者さんの意思を尊重しなければなりません。
患者さんにとってもっとも良い変更の仕方を教えることが大切です。
●ジェネリック判断ができない医薬品
医薬品の中にはジェネリック判断ができない医薬品もあります。
処方医から「この薬はジェネリック医薬品に変更しないで下さい」と伝えられている薬は薬剤師の判断でも変更できません。
変更できない医薬品はジェネリックにできないので注意して下さいね。
第一に患者さんの要望に応えてあげること、そして患者さんにとって安心して飲める、効果がある薬かどうか薬剤師の知識と情報力で適切に判断することが大切です。
薬剤師のジェネリック判断が後発医薬品の普及に大きく関係しているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜