HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > チーム医療

チーム医療

薬剤師の仕事内容

現在、医療の現場では様々な「チーム医療」の取り組みがされています。
以前は、医師が中心とされていた医療現場ですが、看護師・薬剤師・介護士等の医療従事者が、お互いに理解し、コミュニケーションを図る事でそれぞれの医療の専門性・特性を活かす事が可能となり、患者様へのより適切な医療を提供できると言う考え方が浸透してきています。

チーム医療においては、各々の医療スタッフが対等な立場から、お互いの専門知識や技術を基に、最も効果的と思われる治療法や方針を検討する事で、特定の専門分野においてもその力を発揮する事ができるのです。

薬物療法が進歩している現在、薬の専門家である「薬剤師」の役割は大きな存在意義を果たしています。
新薬に関する情報の中には、調剤方法や服用方法などが特殊な場合や、注意を必要とされるものが多く存在し、医療従事者の中にはそう言った事で不安を抱える場合もあります。
他の医療スタッフの抱える、医薬品への疑問や不安を解決する事も、チーム医療における薬剤師の役割の一つとも言えます。
医師であっても、薬に関する知識は、やはり薬剤師に頼らざるを得ない事も多々あります。

また「チーム医療」の中での薬剤師の役割には、医師や他の医療スタッフばかりでは無く、患者様自身の、薬物療法への不安や疑問に答える事も重要とされています。
逆に、看護師から患者様への投薬後の副作用や効果、また抱えている不安を伝えてもらう事で、医師と新たな治療計画を検討する事も可能となります。

その他にも、患者様への投薬の際の効果だけでは無く、起こり得る副作用を事前に看護師に伝達しておくことで、看護計画もスムーズに立てる事が出来ます。

今後もチーム医療は様々な可能性を持ち、更に特定の専門分野における医療チームを組織する事で、患者様により充実した、安全で適切な医療を提供する事が可能となります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜