HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 食品衛生管理

食品衛生管理

薬剤師の仕事内容

食品衛生法で定められている「食品衛生管理者」とは、国家資格であり、食品を「製造・加工」する業種において、配置することが義務づけられています。
主な「食品」に該当するものとして「食肉製品・食用油脂・添加物」等の「成分規格」がある製品とされています。
具体的な役割は、施設内における食品の「製造」及び「加工」の段階において、食品や添加物等に対して必要とされる「衛生管理」を行う事が目的とされています。

食品の製造を行う際には、非常に重要とされ、万一製造された製品において「成分規格違反」等が生じれば、自主回収や営業の禁・停止の処分を余儀なくされる事となり、企業としては、経営上の損失と社会的な信頼を失う場合もあり得るのです。

この様に重要な責任を担う「食品衛生管理者」ですが、通常その難易度は高く、条件として「食品衛生管理者を置かなければならない業種で、衛生管理の業務に3年以上従事」「1カ月に及ぶ講習(受講料4万円)を修了すること」が必要とされています。
しかし、薬剤師においては、講習・実務経験を免除される為、講習を受ける必要は無く「食品衛生管理者」の国家資格を取得し、仕事に従事する事が可能とされます。

この厚生労働省管轄下の国家資格である「食品衛生管理者」に対して「食品衛生責任者」と言う資格も存在します。
この「食品衛生責任者」は、都道府県管轄の公的資格とされています。
「食品衛生管理者」の設置義務が無い施設であっても、食品衛生法に定められ設置が義務付けられている事から、飲食店や食品製造業の営業許可がおりている施設には、必ず設置されています。
こちらの資格は、都道府県管轄の公的資格とされ、「食品衛生管理者」と同様に、薬剤師であれば講習が免除される為、直ぐに業務に従事する事が可能です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜