HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > サプリメントアドバイザーの仕事とは

サプリメントアドバイザーの仕事とは

薬剤師の仕事内容

「サプリメント」は、薬と違って「飲み方」や「飲み合わせ」「いつ飲んだらいいのか」等、消費者にとってわかりづらい物です。
やはり口に入れるものなので、誰もが心配になった経験はありませんか。

特に、病気療養中の患者様にとって「薬との飲み合わせは大丈夫なのか」と言う心配もあります。
勿論医師に相談するのが一番なのですが、その前に自分でも調べておいて「そのサプリメントを飲んでも良いかを尋ねたい」言う患者様もいらっしゃる筈です。

そんな時に「薬剤師」に「サプリメント」について、質問が出来たら、とても助かります。

「サプリメント」の「機能・使用方法・必要性」等の正しい知識や情報を提供できる薬剤師を「サプリメントアドバイザー」と呼びます。
「サプリメントアドバイザー」の資格を持った薬剤師であれば、患者様やお客様に「サプリメント」の正しい情報や知識、提案を発信することが出来ます。

病気の治療は出来ませんが「サプリメント」は食事で摂取できない栄養素(ビタミン・ミネラル等)を補う事が可能です。
食品や栄養・健康管理への意識が高い現在、薬剤師による「サプリメント」に対しての適切なアドバイスが必要とされています。

2002年に「厚生労働省」は「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成」についての「ガイドライン」を発表しています。

「サプリメントアドバイザー」の資格は「日本臨床栄養協会認定」の資格ですと「サプリメント概論・食生活論・栄養学・生活習慣病概論」等40単位を取得した後、受験資格が
あります。
その他「特定非営利活動法人NHPインターナショナル認定機構」の「メディカル・サプリメント・アドバイザー」や「健康食品管理士認定協会」認定の「健康食品管理士」等があります。

「ワンランク上の薬剤師」として、現代社会のニーズに応えられる「サプリメントアドバイザー」の資格は、今後の需要が期待できる資格です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜