HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 接客

接客

薬剤師の仕事内容

「ドラッグストア」と「調剤薬局」との大きな違いは「接客業務」の有無です。
「調剤薬局」にいらっしゃる方は、その殆どが医師診察及び処方箋によるお薬を必要とされている患者様「接客」と言うよりは「患者様とのコミュニケーション」とされ、大切な患者様の情報収集をする事が主な目的とされています。

これに対して「ドラッグストア」は、OTC医薬品だけでは無く、介護用品・衛生用品。食品・雑貨などの様々な商品を販売しているので、ここでの対応は「接客」となります。

店舗内での第一声は「いらっしゃいませ」です。
気持ちよく店内に入れた時には、テンションも上がり、買い物もしやすくなる為、売上の向上へと繋がりますが、挨拶が無い場合、もしくは店員・薬剤師が不愛想である場合は少なくとも売り上げは低迷し、更には不愉快な気持ちを抱え、最終的には店舗へ足を運ばなくなりかねません。

「接客」に際しては、様々な心配りが必要とされます。
仮に、お客様が第3類医薬品の棚を見ている場合、お客様の反応を見ながらお声を掛ける事も必要です。
中には薬剤師や店員に話しかけられる事を極力嫌う方もいらっしゃいます。

また、お客様が薬剤師を必要とされている場合もありますので、もし薬のパッケージの説明書きを読みながら悩んでいるようでしたら、お声を掛けて、症状や体調をお伺いした上で、それに合わせた医薬品をお勧めする事も必要とされます。

接客における基本中の基本は、店舗内やお客様に気を配り「何を必要とされているのか」と言う情報を、視覚によって瞬時に判断する事が望ましいと言えるでしょう。

「ドラッグストアの顔」でもある薬剤師自身が、積極的にお客様をおもてなしする気持ちで「接客」をする事で、お客様のニーズに合わせた情報提供ができ、商品案内をスムーズにする事で店舗そのものの店舗イメージ売り上げも向上していくのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜