HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 生活衛生管理

生活衛生管理

薬剤師の仕事内容
学校

「生活衛生管理」とは、「衛生管理」の中の一つの業務とされています。
主に、各市町村において「保健所」の管轄とされ、ここでも薬剤師は「公務員薬剤師」として様々な分野において、その医薬品に関する専門知識を基に、衛生に関する業務に携わっています。

保健所における「衛生管理」の業務内容は「厚生労働省」より依頼を受け、様々な調査を行う事で、国民の衛生管理を行う事を主な目的としています。

保健所の「衛生管理」の仕事は、各分野で細かく分けられ、それぞれの専門部署・部門において業務を行っています。
「飲食関係」「薬物関連」また「生活関連」等、地域住民の衛生全般に関連する業務を、保健所の「衛生管理業務」として行う事で、地域住民の「健康」や「生活水準の向上」の一端を担っているのです。

特に「生活衛生管理」においては、地域内に設置されている「旅館・クリーニング店・理容所・美容所・公衆浴場」等、様々な人が立ち寄り利用する施設における、衛生水準の向上を図る事を目的とした業務を行っています。
主にこれらの施設における「衛生管理指導・監視業務」や「温泉資源の保護・適正利用」の為の「許可・届出・監視指導」等の役割があります。

これらの業務に関して薬剤師は、その医学的な専門知識を有する事で、より業務に従事し、貢献する事が求められています。

地域の中での施設に「生活衛生管理」を行う事は、地域住民の間での感染症の予防・対策として必要不可欠とされています。
万一生活衛生管理が行き届かない為に、伝染病や感染症が発症した場合、地域内に留まらず、全国に蔓延する恐れも出てきます。

地域保健所による「生活衛生管理」を行う事は、日本国内全体の「生活衛生の向上」にも繋がる重要な業務とされています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜