HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 危機管理

危機管理

薬剤師の仕事内容

「厚生労働省」においては「医薬品、食中毒、感染症、飲料水その他何らかの原因により生じる国民の生命・健康の安全を脅かす事態に対して行われる「健康被害の発生予防、拡大防止、治療等に関する業務」を「健康危機管理」と定めています。

「震災や噴火等の自然災害」「食品への毒物混入(和歌山カレー事件)」「放射線事故」「健康被害の可能性が心配される事象(コンピュータ西暦2000年問題)」等が挙げられ、どれについても様々な原因から起こり得る「健康危機事例」が含まれています。 その他にも「化学兵器や毒劇物を使用した大量殺傷型テロ事件」が発生した場合の対処に関しても求められる可能性があり、不特定多数の国民に発生・拡大する可能性がある「健康被害」が起こった場合は、公衆衛生の確保が必要とされています。

この様な場合、各地方自治体における「保健所」は、地域の「健康危機管理」の拠点とされ、保健医療関係の行政機関であると共に、平常時における「監視業務」等によって「健康危機」を未然に防止する事が求められています。 また、地域全体の「健康危機管理」が総合的に行われる為の「システム構築」「健康危機発生時の規模の把握」「地域の保健医療資源の調整」「関連機関を有機的に機能できるようにする」と言った役割も期待されているのです。 健康危機管理の為にも、地域の医療機関・市町村保健センター」等の活動を様々な状況で調節可能にする為にも「必要なサービスの提供」の仕組み作りを行う事で、健康危機に対応する際に主体として活動できる必要性があるのです。

ここで「薬剤師」が求められている事は多岐に渡り「被害者の医療の確保」や「危機に関する原因の究明」または「健康被害の拡大の防止」更には、被害を受けた場合の「住民への健康診断」及び「心のケア」や、障害者・小児・高齢者等に対する「災害弱者対策」がその内容として主体的に役割を果たすことが期待されています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜