HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 調剤室ではなにをする?

調剤室ではなにをする?

薬剤師の仕事内容

調剤薬局において、患者様の中には、お薬を待つ時間に疑問を持たれている方も少なくありません。 しかし処方箋を出してから、どんなに薬局が空いていても、薬剤師が調剤室に入ってしまうと、ある程度の時間がかかります。 その為、調剤室を「いったい何をする場所なのか」と不思議に思う方も少なくありません。 しかしそれは、患者様の安全を守る為にも不可欠な事であり、必要な空間なのです。 薬剤師の調剤業務は、決して「処方箋」のまま、薬をまとめているだけではありません。 薬剤師がお薬を作る場合、必ず患者様の薬に関する「カルテ」に目を通しますが、その目的は、患者様の「併用薬・アレルギー歴・体重・合併症の有無・病歴・ジェネリックを希望するか」等、様々な情報を得る事なのです。 医師に出された処方箋通りに薬を作る事は簡単な事です。 しかし、薬剤師と言う「薬の専門家」である以上、医師の知り得ない知識も豊富に持ち合わせている訳ですから、万一見落としや、間違った処方内容を見過ごすわけにはいかないのです。 お薬の「量」や「期限切れ」または「併用してはいけない薬」等の有無を、細かくチェックしていきます。 これらをチェックする事が重要であり、その結果患者様へ安全なお薬を提供する事ができるのです。 中には、処方箋を見た限りでは何の問題も無い薬だとしても、患者様の状態や、アレルギー、併用の薬の有無を確認しなかった事で、大きなミスへと繋がり、場合によっては、命に係わる事にもなりかねません。 患者様が安全に、そして安心してお薬を服用できるということが、薬剤師としての大切な任務の一つなのです。 作り終わって「最終監査」に回された薬は、患者様に適したものかどうかを厳しくチェックされ、合格したものだけが、患者様にお渡しされるのです。 この様に「調剤室」は、単なる「作業場」では無い事を、薬剤師として認識しておく事は重要な事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜