HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 調剤薬局と漢方薬局って何が違うの?

調剤薬局と漢方薬局って何が違うの?

薬剤師の仕事内容
三人家族

最近では「西洋医学」の医師でも、ある程度の漢方の知識を用いて漢方薬を処方するところも増え、それに伴い調剤薬局でも「医療用漢方薬」を取り扱う所が増えています。 それに対して「漢方薬局」は、医療用に用いられる「エキス剤」だけでは無く、患者様の症状を細かく問診した上で、それに一番適した漢方薬を製剤してくれます。 漢方薬局では「薬局製剤製造販売業」としての許可も必要な事から、まだまだ専門店は少ない状況です。 漢方薬局で、実際に症状を問診しているのは「医師免許」を持つ医師ではありません。 基本的には、日本東洋医学会で認定された「漢方専門医」と呼ばれる方です。 以前に比べ、漢方薬の需要の高さから、現在では「医科大学・医学部」でも、漢方の授業が必須とされています。 また、独学で、中国政府の外郭団体が国際的に認定する「国際中医専門員」と呼ばれる資格を取得している方もいらっしゃいます。 ただこの資格は、中国内では「中医師」として認められますが、現在日本国内では医療行為は出来ません。 ですから、薬剤師や医師が「中医の専門」または「漢方薬」を取り扱う為に、専門的知識を学ぶ事が目的ともされています。 中医学そのものの治療法は、漢方製剤以外に、鍼や灸を用いた治療など様々な東洋医学が盛り込まれていますが、医師が処方する「漢方薬」はその中の一部で簡単に利用出来る事から、医療用漢方薬として保険適用できる範囲内のものが殆どです。 保険適用外である「漢方薬局」における「漢方薬」は、上記のものとは少々異なり、中医学に基づく漢方相談において、薬剤師が体質や症状を問診した上で、数種類の生薬(稀に1種類の物もあります)を製剤して、その患者様の為の漢方薬を提供します。 漢方製剤は、医師の処方を調剤するのとは異なり、薬剤師の力量が問われる為、薬剤師としてのやりがいを感じられる専門的な分野として、注目を浴びています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜