HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > OTC医薬品の販売

OTC医薬品の販売

薬剤師の仕事内容

調剤薬局及び、薬店・ドラッグストア等で「処方せん無で購入する事が可能」な薬を、一般的にOTC医薬品・市販薬・大衆薬と呼まれ、適切な情報提供・指導が出来る薬剤師・登録販売者が不在の際は販売が出来ない事になっています。
これらは「一般用医薬品」と「要指導医薬品」の大きく2つに分類され、薬剤師や登録販売者からの説明で情報を得た後、自分の体調や健康状態から判断して、自己責任で購入の上使用する事が前提とされます。

中でも「リスクが確立していない」「医薬品毒性・劇性が強い」医薬品に関しては「「要指導医薬品」と呼び、薬剤師による適切な説明と情報提供を必要とされ、薬剤師の判断によって他剤推奨、場合によっては専門医への受診を推奨します。
「第1類医薬品」においても「高いリスク・副作用の恐れ」があり、こちらも薬剤師の適切な指導が必要とされます。

特に注意を要する医薬品成分が含まれている「指定第2類医薬品」及び、比較的リスクの高い「第2類医薬品」販売の際にも、薬剤師・登録販売者による、そのリスクや副作用に関する積極的な情報提供または努力する義務がありますが、リスクが比較的低く、身体の変調・不調を生じるおそれがある「第3類医薬品」においては、薬剤師または販売登録者らが、必要に応じた情報提供をするとされていますので、ある意味お客様が気軽に購入出来るOTC医薬品でもあるのです。

ドラッグストアにおける薬剤師の主な業務内容は、上記のような薬事法に基づいたOTC医薬品の適切な販売をする事がメインとなります。
また、OTC医薬品の陳列は、法律によって、陳列の仕方が定められていますので、それらを考慮した上での陳列、また、時には「POP」等を用いて、店内でのOTC医薬品の販売促進活動をする事もあります。

その他にも、健康食品や介護・衛生用品の案内、お客さまからの健康相談等、様々な形で地域住民のニーズに応えていく事が必要とされます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜