HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 店長

店長

薬剤師の仕事内容

薬剤師の求人をチェックするとドラッグストアの「店長」も多く募集されています。
店長としての仕事はたくさんありますが、調剤薬局、全国チェーンのドラッグストア、個人経営など店長の種類もさまざまです。
どのようなところで店長として働くのかによっても異なるので注意してくださいね。
●ドラッグストアは売り上げ重視
全国チェーンのドラッグストアでは必ず薬剤師が雇われています。
店長の仕事はドラッグストアで働いている人のマネージメントやお客さんから来るクレームなど、お店全体の管理を行わなければなりません。
大変かと思う人が多いのですが、実際のところドラッグストアの店長はそこまで大変ではないので安心してください。
ただ「売り上げ」がもっとも重要視されるので売り上げが下がると店長としての実力がないと判断されます。
全国チェーンのドラッグストアだけでなく、個人経営や調剤薬局も売り上げがよくなければ運営できません。
売り上げが店長の腕にかかっていると言えますね。
●とてもやりがいのある店長
薬剤師としてスキルアップするには“店長”はとてもやりがいのある仕事と言えます。
お店ひとつの権限がすべて店長にあるため、チェーン店でも自分の考え方で営業し続けられます。これはとてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。
また、店長になればスキルアップできるだけでなく、給料手当もつきます。
ある薬剤師は店長として実力が認められ、本社で働けるようになったという人もいます。本社ではさらに薬剤師としての仕事が幅広くなりますね。
店長になれば薬剤師のスキルアップができ、さらにその力が認められれば幅広い仕事のチャンスが舞い込んできます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜