HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 研究職

研究職

薬剤師の仕事内容
製薬会社の薬剤師

製薬会社の「研究職」とは、一般的には「技術研究職」と呼ばれ、創薬の研究開発をする事が目的とされた仕事です。
創薬の開発には時間もかかりますが、莫大な費用が必要とされる事から「ハイリスク」を覚悟の上で、どの製薬会社も一番力を入れている部門でもあります。
しかし、それだけのリスクを差し引いても利益の方が勝るのは、高品質な独自の医薬品を研究・開発する事で、どのような状況におかれても、患者様に安定した医薬品を支給する事が可能とされるからです。
このように、製薬会社にとって「技術研究職」は、医薬品を扱う上で最も要となる部署と言えるでしょう。

ただ、研究職の求人に関しては極めて低い事もあり、例え薬剤師資格を有していても難関である事は事実です。

これに対し混同されやすいのが「開発職」です。
「開発職」は「研究職」のように直接新薬の開発に携わる訳では無く、開発された新薬に対し、安全性などを確認する為の臨床試験を行う事を目的とされています。
基本的に、この二つを総合して「研究・開発部門」と呼ばれている事が多いようです。

創薬の研究には各会社において、数種類の独自の専門部門を設け、様々な薬の性質や製造過程によって分類し設置されています。
自分の専門性を活かした創薬の研究を行う事で、その知識や技術を存分に発揮する事が出来るはずです。

ただ「薬剤師資格」を有するだけでは、研究職に採用されるのは非常に難しく、大半の製薬会社では、大学で何らかの研究実績を持つ事が条件とされている場合が多いようです。
専門または得意とする分野・を開拓しておく事で、研究職への採用率はずっと上がります。
また、採用されている研究職員は、理工学部・獣医学部・農学部等、薬学部以外から採用されている場合も多く、これは各々の専門とする分野の視点から、創の研究薬開発に取り組むことで、医薬品の新たな可能性を見出す事が可能とされるからです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜