HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 開発職

開発職

薬剤師の仕事内容

製薬企業における「開発職」とは、研究部門が新薬候補を開発した際に、臨床試験(治験)を担当する部門職を指しています。

新薬の中には、実際の使用を諦められていた薬もあります。
しかし「開発部門」により、何回もの臨床試験を重ねる事で、新薬として承認された例がいくつもあります。
このように「開発職」による、新薬開発における「臨床試験」は、必要不可欠であり、重要な役割を担う部門とされているのです。

主に臨床試験で行われる内容は「人への効果」「人体への毒性の有無」「体内での排泄・代謝過程の検討」とされ、これらを詳細に調べる事は、新薬が患者様に安全に使用される為にも重要であり、製薬会社としても、最も費用をかけている部分でもあります。

臨床試験を行う為には、まず臨床試験の「方向性・規模・内容」の把握から始まり「臨床開発計画」を立てていきます。
計画された内容は、「治験」を依頼する為に医師や医療機関を訪問し、同意を得た上で臨床試験が開始されます。

臨床試験における「新薬承認のためのデータ」を収集する為には、患者様のカルテを閲覧確認する事で「治験における適正使用」「有害事象の発生の有無」などがチェックされます。
収集され内容は「統計解析」をする事で、新薬における「信頼性・科学性」を報告する、重要なデータへとまとめられます。

これらのデータは、開発された新薬の効果を報告する上でも重要とされ、既に使用されている薬よりも、優れている事を示す目的で「科学的根拠」が必要とされます。
その為にも「統計解析」をする事は大切な仕事とされているのです。

「臨床試験」において収集された「データの解析」は、データの扱い方一つで、携わった企業・医療機関・新薬候補に対する評価が、全く変わってしまう恐れもあります。
倫理性に基づき、信頼性や評価を得る事も、製造販売の為の「許可申請」を行う際にはとても大切な事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜