HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > MR(医薬情報担当者)

MR(医薬情報担当者)

薬剤師の仕事内容

医療従事者を訪問する事で、医薬品の適正使用の為に必要な「品質・有効性・安全性」などの情報を「提供・収集・伝達」をする事が「MR(医薬情報担当者)」の主な業務とされています。
基本的には、製薬企業の営業部門に所属している事が殆どですが、最近では、MR専門の人材派遣会社から派遣され、製薬企業で勤務している場合もあります。

それぞれの医療機関を訪問することで、自社の医療用医薬品だけでは無く、様々な医薬品に関連した情報を、医師・看護師・薬剤師等の医療従事者に提供する事で、患者様の薬物治療に対しての、医薬品の適正使用を普及する事が目的とされています。
また、実際に使用された医薬品についての「効果」や「使い方・安全性・副作用」に関する情報を、医療現場から直接収集する事で、企業に報告した後、そこから得た正しい情報を他の医療関係者に伝達する事も重要な仕事の一つとされています。

MRは「医薬品の販売促進活動」が業務内容と思われがちですが、実際には、患者様の立場に立つ事で「薬物治療のパートナー」とされる「医療従事者」と共に、高い倫理性の基、医療提供に貢献する事が求められています。
欧米においては、MRの地位は「医療チームの一員」と認識され、高い評価を得ているのが現状です。

日本国内におけるMRの総数は約6万人と言われ、年々増え続けています。
これは国内における「医療用医薬品」の高い有効性とは裏腹に、強い副作用も確認され、
更に、その複雑な流通経路と膨大な情報量から、医薬品に関する副作用情報及び、適正使用の提示、効能効果といった大切な情報が、充分に伝達されていない事も背景とされているのです。

実際に働いているMRの中で、薬剤師資格を持つ人は、1割程度とされていますが、複雑な医療の現場において、薬の専門知識を持ち合わせる「薬剤師MR」の存在には、大きな期待も寄せられているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜